研究の紹介

研究の主題

今日おおよそコーパスが確定されつつあるミシェル・フーコー(1926-84)の膨大な仕事の中核には、西洋近代に淵源する「人文科学」の歴史的批判の試みが置かれている。実証研究の再読と哲学的考察を交差させ、狭義の認識論に還元されない政治的・実践的な射程をもつフーコーの仕事は、現在もなお世界の人文・社会系諸学において避けて通れない参照項であり、その重要性はますます高まりつつある。だが、フーコーを方法論として応用しようとする試みや、それぞれの分野でフーコーを継承もしくは批判しようとする取組みのなかでは、フーコー自身の仕事の変遷や内的一貫性が顧慮されることは必ずしも多くない。また、フーコー自身の仕事を対象とする研究はもっぱら哲学史や思想史の領域で行われ、フーコー自身が再検討の対象とした「人文科学」諸分野の動態にまで遡ってフーコーの仕事の意義を究明する研究は稀にとどまっている。本共同研究は、「人文科学」諸分野の第一線の研究者を結集し、フーコーの仕事総体の意義を現在の「人文科学」研究者の観点から多角的に明らかにするとともに、フーコーによる「人文科学」批判の歴史的価値と現時点でのその可能性を見きわめることをめざす。

OUR RESEARCH PROJECT

At the center of Michel Foucault's colossal work, whose corpus is nowadays almost completed, one finds his attempts at a historical criticism of the "human sciences" originating in Western modernity. Foucault's work, which lies at the intersection of reviews of empirical research and philosophical speculation, has a wide political and practical range, which is not reducible to simple epistemology; it constitutes an indispensable reference in human and social sciences, the value of which is more and more important in today's world.
Yet, among the attempts to apply Foucauldian methodology in one's own field by either adopting or criticizing Foucault's position, those that analyze in depth the changes as well as the inherent consistency of his work are not numerous. Moreover, while Foucault's work is mainly examined from within the framework of the history of philosophy or the history of ideas, attempts at determining the significance of Foucault's own reexamination of the historical and contemporary movements in the different fields of "human sciences" remain rare.
The objective of this research seminar is to enable leading researchers in various fields of the "human sciences" to work together in order to bring out the significance of Foucault's work in its totality, and to determine the historical value and actual potential of Foucault's criticism of the "human sciences".

研究班メンバー

班長

小泉 義之 哲学(立命館大学)

副班長

立木 康介 精神分析(京都大学人文科学研究所)

所内班員

佐藤 淳二 フランス思想/表象理論
王寺 賢太 フランス文学・思想/社会思想史
森本 淳生 フランス文学
瀬戸口 明久 科学史
田中 祐理子 近代医学思想史/表象文化論
藤井 俊之 ドイツ文学・思想

学内・学外班員

市田 良彦 社会思想史
長原 豊 思想史/経済理論/日本経済史
相澤 伸依 哲学・倫理学
上尾 真道 精神分析/精神医学史
上田 和彦 フランス文学・思想
隠岐 さや香 科学社会学・科学技術史
北垣 徹 思想史/精神医学史
久保田 泰考 精神医学
坂本 尚志 哲学・倫理学
櫻田 和也 哲学/社会学
佐藤 嘉幸 哲学/思想史
武田 宙也 美学・芸術学
TAJAN Nicolas 臨床心理学/思想史
千葉 雅也 哲学/表象文化論
中井 亜佐子 英文学/ポストコロニアル文学
西迫 大祐 法哲学/法社会学
箱田 徹 哲学/社会学
春木奈美子 臨床心理学/思想史
廣瀬 純 映画論/現代思想
藤田 公二郎 現代哲学
布施 哲 政治学・政治哲学/思想史
堀尾 耕一 西洋古典学
前川 真行 思想史/政治哲学
松本 潤一郎 近現代欧米圏哲学・思想・理論

Page Top